トップページ > セミナー



オリエンテーション コンプライアンスの重要性
「多様化文化を生き抜く企業の鍵〜コンプライアンス経営の重要性」

1. 内部統制システム構築の法的義務と経営者・社員の責任
 内部統制システムの構築として、大企業にとっては
 法的な義務法律は何を要求しているのか

2. 顧客のための企業経営〜顧客の信頼を獲得する行動指針運用の鍵
 最近の事例 : リスクマネジメントとしてのコンプライアンス

3. 現代社会における最大的な課題〜.労務提供過程における監査・調査  
 (電子メールの6原則、従業員の個人情報取り扱いの原則)
 従業員との関係におけるコンプライアンス
 (1)労働基準法
 (2)社会保険関係、税金関係
 (3)従業員のプライバシーと企業の利益  
    1. 個人情報保護法と従業員の個人情報の取扱い  
    2. 従業員の電子メール、ウエッブ利用の制限とモニタリング  
    3. 従業員のセンシティブ情報の取得と取扱い  
    4. 派遣労働者との諸問題

最後に  多様化する雇用形態に対応する 〜 派遣スタッフを受け入れる
ビジネスプロフェッショナルとして、コンプライアンスの重要性を再確認し、顧客の信頼を高め、
企業価値を高める法令遵守の運用・実践コンプライアンス経営の基礎を学ぶ。
自らの身を守るため、法律と上手に付き合うことを学ぶ。
 
すべてのビジネスパーソン
 
プロフェッショナルとしての考働習慣に、より磨きをかけるコンプライアンス経営行動基 準の原理原則を学び、Best Talentとしてより輝けるマネジメントを相互研鑽する。

限られた時間で、専門家から直接、現状における課題解決をテーマにコンプライアンス問題を解決していくことができます。

しばらくの間、企業内での研修依頼、または、3名以上の研修依頼にて開催させて 頂きます。
お問い合わせはこちらから

主担当講師 :  弁護士 北沢義博 先生  


備考:コンサルタントの方、同業の方のご参加はお控え頂けます様御了承くださいませ。

 

 
 
 
プライバシーポリシーComany ProfileContact Us
Copyright©2006-8 Keisho.Global Resources Management inc. All Right Reserved.